6日間のクラシック旅行

ツアーの概要

トンイル・ツアーの6日間のクラシック旅行は、北朝鮮の一般的な旅程で、北朝鮮の自然、歴史、文化などが感じられる名所を訪問する1週間以内に幅広い体験できる旅行です。

ハイライト

  • 北朝鮮の芸術、建築、社会に深く関わることができます;
  • 珍しさ:まだ観光客が比較的に少ない旅行先を体験します;
  • 遊び:平壌飲み屋巡り、カラオケ、お土産の買い物、ツアー中に仲間を増やします;
  • 北朝鮮の田舎の景色を満喫して、登山などしながら北朝鮮の最も美しい自然を楽しみます;
  • 現地民との友情を育てます;
  • 軍事境界線の歴史を体験し、北朝鮮の視点で朝鮮戦争について学びます。 板門店の北側で南側を眺めます;

旅程について

旅程はトンイル・ツアーの管轄外のため、旅程の細かい変更が適用されることがありますのでご注意ください。

一日目

平壌に到着

午前10時(北京時間) – 北京国際空港ターミナル2の高麗航空カウンターで集合し、当社のガイドの簡単な旅行説明を聞き、注意事項を確認し、午後12時55分に高麗航空のJS 152便に乗ります。

午後01:05 – 北京時間 – 飛行機の出発予定時刻。飛行時間 – 2時間弱。

午後3:30 (平壌時間、北京時間より30分遅れ) – 平壌の到着予定時刻。
平壌国際空港で北朝鮮人のガイドと集合し、バスで平壌市内まで移動 (約30分)。

万寿台(マンスデ)大記念碑
北朝鮮の大都市の全てにある金日成(キム・イルソン)と金正日(キム・ジョンイル)の銅像の中で最も有名なものです。平壌の中心部の丘に位置され、街の雄大な景色を眺めています。彫像は高さ22メートルで、植民地主義に対する独立闘争と社会主義革命を描いた精巧な彫刻が両側に並んでいます。

夕食

凱旋青年公園(ケソン遊園地)
北朝鮮時代に開かれ、牡丹峰(モランボン)、凱旋門(ケソンムン)と金日成スタジアムのすぐとなりにある、夜遅くまで運営する平壌の有名な遊園地。ここでは、ジェットコースターなどを含めた多様な乗り物や、ゲームセンターで北朝鮮のアーケードゲームを楽しんだり、食堂や屋台でハンバーガーやビールなどを買ったりすることができます。平壌市民と遊ぶには最適な場所です。

羊角島国際ホテル(ヤンガクドホテル)
ホテル内のエンターテイメント施設(ビリヤード室、カラオケ、ボーリング場、バー、ショップなど)を自由に使用することができます。

二日目

平壌市内観光・博物館+パブ

錦繍山(クムスサン)太陽宮殿
金日成と金正日の遺体が永久保存されている霊廟。大きな広場と堀に囲まれた壮大な広がる複合施設です。訪問者は、北朝鮮の元指導者の遺体、そして所有物、現地指導に使われた自動車、列車、船などが見られます。

牡丹峰(モランボン)公園
昔から地元の人々にとって人気のあるレジャースポットである美しい公園。敷地内をゆっくりと散歩して、丘を登って大同江と平壌の中心部を眺めます。週末や祝祭日には、酒、歌、踊りを楽しむ現地民がいっぱいです。コミュニケーションを取り、一緒に歌ったり踊ったりする観光客もいます!

正午 – 昼食

金日成の生家
北朝鮮の金日成が生まれ育った平壌の郊外にある控え目な小屋。革命的な巡礼地と北朝鮮の文化的な場所で、訪問者は金日成の家族の家や所有物を見て、井戸水を飲むことができます。通常、地元の人たちは、敬具を捧げ、金日成の誕生日や祝日などの機会に訪問し、記念写真を撮っています。

平壌地下鉄
平壌地下鉄は16駅、2路線を含み、世界で最も深い地下鉄システムの一つです。 1960年代に建設された部分は、モスクワの前身である壮大な柱やシャンデリアのそばに、精巧な壁画、モザイク、彫刻などがあります。訪問客は地下鉄に50メートル以上の深さのエスカレーターを降りることができ、地下鉄の列車に乗って地元の乗客と一緒に乗れます。

祖国解放戦争勝利記念館
祖国解放戦争勝利記念館は、朝鮮戦争として知られている祖国解放戦争の米国とその同盟国に対する北朝鮮の1953年の「勝利」に関する博物館です。北朝鮮の視点から朝鮮半島の歴史を学び、本堂での博物館の展示やビデオの精緻化、大田戦線の壮大なパノラマが見られます。入り口には戦争をテーマにした記念碑的な彫像や、捕らえられた米国の車、戦車、砲兵、飛行機などが展示されています。訪問者はまた、1968年に北朝鮮海域に発見された、スパイ船として告発されたUSSプエブロを観光することができます。

主体(チュチェ)思想塔
主体思想塔は北朝鮮の統治政治イデオロギーを象徴した記念碑です。構造は夜に輝くトーチで覆われたユニークな層状の石の塔のデザインを備えています。エレベータに乗り、上から平壌の素晴らしい景色を楽しむことができます。

その後は大同江で散歩をして、奥陵橋を渡ります。

夕食

夕食後はバーでお酒や飲み物を楽しめます。

羊角島国際ホテル

三日目

開城市(ケソンシ)、軍事境界線、ショッピング

午前 朝食の後、開城と軍事境界線へ移動します(約2時間)

板門店の軍事境界線と共同警備区域
観光客は朝鮮戦争休戦協定が調印された建物を訪問してから、軍事境界線で韓国のすぐ近くまで行けます。

午後 開城に戻ると参鶏湯などの料理を食べます。

高麗歴史博物館
開城は高麗時代の首都です 。992年に設立された儒教学堂(成均館 )で展覧会を見物できます。儒教学堂(成均館 )は、高麗時代と朝鮮時代において、朝鮮の最高の教育機関でした。現在の構造は17世紀初頭に建設されました。

次に、道路を挟んだハガキと切手の店を訪問します。

善竹(ソンジュク)橋
1290年に建設された善竹橋は、開城市の中心にある高麗時代の石橋です。 儒学者の鄭夢周(チョン・モンジュ)が1392年に暗殺された場所として知られています。その後、通りに出て、開城の中心部で街の日常生活などを見物します。

恭愍王陵
1372年に完成された恭愍王とモンゴル人であった魯国公主の陵です。開城外の丘の上に石の彫刻や彫像で飾られた2つの墓地からなり、周囲の田舎の景色も楽しめます。

沙里院市(サリウォン市)
開城と平壌の中間にある町。沙里院市民族通り - 伝統的な門、池、パビリオンで飾られた民俗文化をテーマにした通り。朝鮮半島の最も有名な伝統的建造物や文化遺産の再建を見ることができます。現地の人々の人気スポットです。公園の後ろの坂を登って、沙里院を一望できます。

平壌で夕食

羊角島国際ホテル

四日目

妙香山(ミョヒャン山)

朝食後に妙香山へ移動(約2時間)

妙香山
妙香山は平壌北部に位置していま。 妙香山は朝鮮半島ではとても有名な山で、美しい景色とそれを取り巻く様々な神話と伝説を持つ聖地として知られています。山の雄大な松の木、素晴らしい川や滝、山脈や周辺の田舎の素晴らしい景色を楽しむことができます。また、外国から北朝鮮指導者への贈り物が展示されている国際親善展覧館もあります。

妙香山万滝ハイキングコース
昼食後に山登りします。優雅な山々の流れと緑豊かな松林を通る滝をたどって、いくつかの連続する展望台に続くやや険しいハイキングコースです。ちょっと大変だと思えば上まで登らずに一番目の展望台でゆっくりすることもできます。現地のハイカーの間で人気があります。

上元庵
元々10世紀に建てられ、現在の構造は16世紀のものです。崖の頂上にあり、2つの滝の景色が見えるこの美しい場所は、朝鮮半島の最高の景色の一つです。

国際親善展覧館
山の中に建てられたこの複合施設は、外国から北朝鮮指導者への贈り物が展示されている場所です。金日成、金正日、金正恩への贈り物は別々の展示会にあり、地域と出身国によって分類されています。スターリンからの防弾リムジン、毛沢東からの列車、ニカラグアのサンディニスタ民族解放戦線からのカクテルトレイと、眼鏡を持った剥製ワニなどがあります。展示を見た後、バルコニーから美しい山の景色を楽しむことができます。

昼食

香山ホテルで一晩。

4-py

五日目

平壌

龍門洞
平壌北部の妙香山の近くにある広大な洞窟ネットワークです。奇妙で幻想的な形をした岩石や地下の川や滝がたくさんあります。ここのガイドは、鍾乳石や石筍の一部の形を記述するときに、大人のユーモアで楽しむことが大好きです。その後、平壌に戻り(約2時間)、昼食を食べます。

万景台学生少年宮殿での公演を見る。 その後、平壌の中学校、または高等学校を訪問し、校舎を見学した後、英語教室で学生と交流することができます。

朝鮮美術博物館
金日成広場の横にある北朝鮮の主な美術館です。近代美術と現代美術の展覧会を特色にし、油彩、造成、彫刻などに分類されています。
その後、平壌中心部の散歩をします。

夕食後に羊角島国際ホテルに戻ります。

六日目

北京へ

朝食後、平壌国際空港に行き、北京に戻って高麗航空JS25に乗ります。

午前10:00時(平壌時間) – 出発時間の推定。飛行時間 – 約2時間。

11:30時 – 北京時間、平壌時より30分早い – 到着予定時刻。北京国際空港ターミナル2で旅を終えます。

その他の詳細

北京夕食・飲み会、出発前ブリーフィング
すべての関係者に最高の体験を提供するため、ツアーに関連するいくつかの重要な点を説明し、質問をする機会を作るように、ツアー出発日の前日に北京で夕食を食べる予定。自由参加です。出発前のメール
出発前に、荷物についてなどの情報や、旅行の注意事項を記載した出発前メールを送信します。

ツアー料金に含まれているもの:

  • 北京から平壌までの往復航空券
  • ビザの手数料と手続き
  • 北朝鮮でのツインルームの宿泊施設と宿泊(シングルルーム追加料金 – 1泊7000円)
  • 北朝鮮で1日3食(外食レストランのオプション料理を除く)
  • 北朝鮮のすべての交通
  • 日本語を話す現地語のガイド2名
  • トンイル・ツアーの日本語とコリア語を話すコリア専門家のガイド一人
  • ほとんどの入場料

ツアー料金には含まれていないもの:

  • 日本から北京への往復航空運賃
  • 北京ホテルの宿泊施設
  • 旅行保険および医療避難保険(必須)
  • お土産、スナック、ホテルサービス、雑貨購入
  • 食事中の追加飲み物(ほとんどの食事にビール一本が含まれ、夕食に焼酎一本も含まれることが多いです)
  • その他の現地払い(下記参照)

現地払い
これらの費用はツアー料金に含まれていません。北朝鮮には、中国元、ユーロ、米ドルのいずれかの現金を少し持ち込んで、その日の費用を支払う必要があります。価格は変更される場合があります。

  • 凱旋青年公園乗り放題チケット:€20ユーロ。乗り物なしでの入場は€5ユーロ
  • 現地ガイドと運転手のチップ(各旅行者の合計)、1泊あたり5ユーロ
  • 主体思想塔エレベーターチケット(最上部の景色を見たい方)€5ユーロ
  • Mマイクロブルワリーのビール(470ミリ) – 約2ユーロ
  • Pカフェ、イタリアン、ハンバーガー、その他の特別なレストランを訪れる可能性 – 7〜14ユーロ
  • 龍門洞窟入り口、4ユーロ